トップ商品一覧薫長酒造資料館ご購入方法会社概要ニュースリリース

にごり酒
 
清酒
 
焼酎

甘酒

ギフト
 
吟醸スイーツ
 


ご購入方法

お問い合わせ

■Email info@kuncho.com
■TEL  0973-23-6262
■FAX 0973-23-6265
問合せフォーム

 

酒蔵資料館

文政9年(1826年)に建てられた酒蔵の2階を酒蔵資料館として開放して酒造りの歴史や文化を多くの人に伝えています。
また、資料館の隣の酒蔵の一部には酒造りの工程や昭和30年ごろの酒造りの様子を知ることができる「お酒の学習室」を設けています。

時間 9時~16時半

【酒蔵見学についてのお問い合わせや予約先】
TEL 0973-22-3121  FAX 0973-23-0033


滑車(ウィンチ) 滑車(ウィンチ)
酒の仕込みが終了すると、ほとんどの道具は2階の倉庫に上げて収納します。
重い道具を2階に上げる際に不可欠だったのがこの滑車です。現在は酒蔵資料館の床はふさいでいますが、昔は床の一部が開いていて、滑車で荷物が2階に上げられるようになっていました。

槽 (ふね)・酒袋(さかぶくろ) 槽 (ふね)・酒袋(さかぶくろ)
酒蔵に清酒を搾る機械が導入されるまでは、酒は白いもろみを酒袋に入れてしぼっていました。
酒袋が茶色いのは、木綿の袋を破れにくくするために浸していた柿渋の色です。
酒袋を槽(ふね)にたくさん積み重ねて圧をかけてしぼったものが清酒で、酒袋の中に残ったものが酒粕です。(現在はこの方法で酒を搾ることはほとんどありません。)

たぬき・きつねの写真 たぬき・きつね
資料館の中にある酒造りの道具の素材はほとんどが木と竹です。
丸い桶はたぬきの顔の形に似ているため「たぬき」、口の一部がとがった桶はきつねの顔の形に似ていることから「きつね」と呼んでいました。
目的に合わせて造られたいろいろな道具の形には昔の人の知恵と工夫を感じます。

木桶&下駄の写真 木桶&下駄
タンクがホーロー製になるまでは酒蔵の桶はすべて木製でした。
桶の中に入って蒸し米をとり出すときになくてはならなかったのが歯(は)のない広い下駄でした。
蒸米の中に足が埋もれないようにするための昔の人の知恵です。

〒877-0005
大分県日田市豆田町6-31
TEL 0973-22-3121  FAX0973-23-0033