トップ商品一覧薫長酒造資料館ご購入方法会社概要ニュースリリース

にごり酒
 
清酒
 
焼酎

甘酒

ギフト
 
吟醸スイーツ
 


ご購入方法

お問い合わせ

■Email info@kuncho.com
■TEL  0973-23-6262
■FAX 0973-23-6265
問合せフォーム

 

トップページ»  オススメ情報»  基本のお湯割りを楽しもう

基本のお湯割りを楽しもう

寒い夜はお湯割りであたたまろっ!この冬基本のお湯割りをマスターして心もからだもぽっかぽか

 寒い夜に焼酎を飲むなら、からだが温まるお湯割りがおすすめです。今回のオススメ情報は、基本的なお湯割りの作り方をご紹介いたしますので、皆さんも是非お試しください。


【基本的なお湯割りの作り方】
手順① まずは酒器に約80℃から70℃のお湯を4分入れます。
ポイント
沸騰したばかりのお湯は使用しないこと!出来上がりの温度が40度前後になると最も豊かな香りと旨みを引き出すといわれています。


手順② お好きな焼酎を6分加えます。
ポイント
一般的な焼酎のアルコール度数は25度ですが、その場合焼酎6に対してお湯の割合を4にすると、アルコール度数が日本酒と同じくらいの15度程度になり、とても飲みやすくなります。

手順③ かき混ぜず、そのまま少しの間待てば完成!
ポイント
このときかき混ぜないのがポイント!お湯を先に入れると温度の高いお湯が上昇し、比重の重い焼酎を後から注ぐことで対流がおきて、かき混ぜなくても自然に混ざり、まろやかな味わいになります。




■ お湯割りにするならこの焼酎 いも焼酎 亀山
 

いも焼酎亀山1800   いも焼酎亀山720    

薫長 いも焼酎 亀山1800ml 

2,100円

 

 

薫長 いも焼酎 亀山720ml 

1,200円